5月, 2017年

ガン検診について

2017-05-31

 ガンは、日本において昭和56年より死因の第1位となり、現在では年間36万人以上の人が、ガンで亡くなっています。これは3人に1人がガンによって亡くなっていることになります。部位別患者数で見ると、男性では1位が胃癌、2位が前立腺癌、3位が肺癌、4位が大腸癌、5位が肝臓癌であり、女性では1位が乳癌、2位が大腸癌、3位が胃癌、4位が肺癌、5位が子宮癌となっています。一方、部位別死亡者数で見ると、男性では1位が肺癌、2位が胃癌、3位が大腸癌、4位が肝臓癌、5位が膵臓癌となっています。女性では1位が大腸癌、2位が肺癌、3位が胃癌、4位が膵臓癌、5位が乳癌です。

これらの数字から言えることは、男性では前立腺癌の患者さんは多いものの、前立腺癌で亡くなる人は少ない、すなわち前立腺癌はガンの中では、質(タチ)の良いガンと言えます。一方膵臓癌は、罹る人は少ないが、一度膵臓癌になると死亡する割合が高く、質の悪いガンと言えます。女性の場合は、乳癌が質の良いガンと言えそうですが、若年者では数は少ないものの、死亡率は極めて高く、質の悪いガンと言えます。
現在厚生労働省は、死亡者数の多い、かつ早期発見で助かる見込みの高いガンについて、検診を積極的に勧めています。男性は、胃癌、大腸癌、肺癌検診の3つ、女性では胃癌、大腸癌、肺癌、乳癌、子宮癌の5つのガン検診がありますが、いずれの健診も受診率が3~4割程度に留まっています。特に大阪府は全国に比べて、ガン検診の受診率は低く、胃癌、大腸癌、肺癌検診の受診率は全国最下位、乳癌、子宮癌検診の受診率は全国で下から2番目になっています。

堺市では昨年秋より胃ガン検診、肺ガン検診は開業医や診療所でも個別に受けられるようになりました(胃ガン検診は50歳以上の偶数年齢時、肺ガン検診は40歳以上毎年)。胃ガン検診では従来の胃透視に加え、胃カメラも受けられるようになりました。また40歳から49歳の人は、胃癌の危険度健診として、従来当院でも行っているABC検診が受けられるようになりました(1回のみ)。大腸ガン検診は40歳以上なら、いつでも受診出来きます。乳ガン検診は40歳以上、子宮ガン検診は20歳以上の人なら、2年に1回の偶数年齢時に、指定の医療機関で受けられます。堺北診療所では、肺ガン検診、ABC検診、大腸ガン検診が受けられます。ガンは早期発見すれば、助かる見込みの高い病気です。是非、ガン検診を受けましょう。

膀胱炎の話し

2017-05-31

膀胱炎とは、尿道から大腸菌などの細菌が膀胱内に入り込んで、膀胱の粘膜が炎症を起こす病気です。膀胱炎は女性に多い病気で、これは女性の尿道が男性に比べて短く、大腸菌などの細菌が膀胱に入りやすいためです。昔は新婚の女性に多いので、ハネムーン膀胱炎と呼ばれていました。自由恋愛の昨今では、結婚前でも膀胱炎にかかります。
膀胱炎の症状は、①頻尿、②残尿感、③排尿時痛、④下腹部痛、⑤尿の混濁などです。発熱はありませんが、もし38度以上の発熱があり、腰部のだるい感じがするようであれば、細菌が膀胱から尿管を伝って、腎臓まで炎症を起こしているので(腎盂炎と言います)、急いで抗生物質で治療する必要があります。腎盂炎を起こすと、細菌が体中を駆け巡り、敗血症になり生命にかかわることがあるからです。
膀胱炎は、一度かかった人であれば、自分でも診断がつくありふれた病気です。抗生物質を内服することで、症状は数日で軽快します。この時大事なのは、抗生物質の内服を2~3日で止めないことです。症状は改善しても、細菌はまだ完全には死んでいないので、最低5日間はきちんと服用してください。
膀胱炎を繰り返すと、抗生物質に効かない耐性菌が増えてくる場合があります。一般にはニューキノロン系という抗生物質が多く使われていますが、何度も膀胱炎を繰り返す人は尿の細菌培養を行って、いつも使われている抗生物質に耐性が出来ていないか調べてもらってください。また、膀胱炎を繰り返す場合は、尿路系の異常が合併していることもあるので、一度泌尿器科で診察を受けたほうが良いでしょう。
膀胱炎の診断は、先ほどの症状と尿検査で行います。膀胱炎時の尿は、潜血、白血球、細菌が検出されますが、それらの所見が全くないのに、膀胱炎症状を起こすことがあります。原因としては、病院受診前に既に手持ちの抗生物質を服用していた場合があります。また何度も膀胱炎を起こした場合は、神経過敏になっていることが多く、こういう時は猪苓湯、五淋散などの漢方薬が効果を発揮します。しかし、これらの原因以外で難治性の膀胱炎症状を来すものに、間質性膀胱炎があります。原因はまだよくわかっていませんが、この膀胱炎が疑われる時は、私は泌尿器科を紹介しています。
膀胱炎の予防は、①トイレを我慢しないこと、②水分をたくさん摂るようにすることです。女性の場合は陰部の清潔に心がけ、特に性交渉の前後は陰部をきれいに洗い流し、性交渉後は尿道口に付着した大腸菌が膀胱内に入るのを防ぐため、排尿するように心がけて下さい。

Copyright© 2017 堺医療生活協同組合 All Rights Reserved.Produced by ©UmedaPrinting.