こむら返りの話し

2017-01-20

 こむら返りとは、筋肉が急に収縮して、激しい痛みを伴う症状のことです。多くは下肢の「ふくらはぎ」に起こります。夏と冬に多いのが特徴で、多くは夜中から明け方に起こります。
 こむら返りが起こる原因としては、①ミネラル不足、②水分不足、③運動不足などが言われています。夏場には、夜中に汗をかいて、明け方になると体の水分や塩分が不足した状態になるため、起こりやすくなります。一方冬場にこむら返りが多い原因としては、寒さと運動不足で筋肉の血液循環が悪くなるためと考えられています。
 こむら返りが起こったときには、ふくらはぎを伸展するようにします。例えば、布団の中でつま先を伸ばすように背伸びすると、ふくらはぎの筋肉が縮むため、こむら返りが起こり易くなります。こむら返りが起きそうになったら、踵を突き出して、つま先を立てるようにすれば、ふくらはぎの筋肉が伸びるため、こむら返りは起きないようになります。
 こむら返りの予防としては、夏場は塩分と水分を就寝前に補給して、明け方の脱水状態を引き起こさないようにします。お茶は利尿作用があるので、夜間に排尿して脱水が悪化する可能性があるので、スポーツドリンクがお勧めです。冬場は、ふくらはぎの筋肉の血液循環が悪くなっているので、就寝前に入浴してふくらはぎをマッサージすると良いでしょう。就寝前の水分補給として、お勧めは暖かいミルクです。牛乳にはカルシウムが多く含まれており、こむら返りの原因となるミネラル補給に有効です。また暖かい牛乳を飲むと体が温まり、ぐっすり眠れると言われています。
 それでもこむら返りが起こるときは、漢方薬の芍薬甘草湯がお勧めです。芍薬甘草湯は、こむら返りが起こったときに服用すれば、直ちに効果が現れます。また就寝前に服用すると、明け方のこむら返りが予防できます。芍薬甘草湯は、薬局でも売っていますが、多量に服用すると、カリウムが低下して脱力を来たしたり、不整脈を誘発することがあります。また血圧が上昇することもあるので、医師の診察を受けてから処方してもらうようにしましょう。

Copyright© 2017 堺医療生活協同組合 All Rights Reserved.Produced by ©UmedaPrinting.