ガン検診について

2017-05-31

 ガンは、日本において昭和56年より死因の第1位となり、現在では年間36万人以上の人が、ガンで亡くなっています。これは3人に1人がガンによって亡くなっていることになります。部位別患者数で見ると、男性では1位が胃癌、2位が前立腺癌、3位が肺癌、4位が大腸癌、5位が肝臓癌であり、女性では1位が乳癌、2位が大腸癌、3位が胃癌、4位が肺癌、5位が子宮癌となっています。一方、部位別死亡者数で見ると、男性では1位が肺癌、2位が胃癌、3位が大腸癌、4位が肝臓癌、5位が膵臓癌となっています。女性では1位が大腸癌、2位が肺癌、3位が胃癌、4位が膵臓癌、5位が乳癌です。

これらの数字から言えることは、男性では前立腺癌の患者さんは多いものの、前立腺癌で亡くなる人は少ない、すなわち前立腺癌はガンの中では、質(タチ)の良いガンと言えます。一方膵臓癌は、罹る人は少ないが、一度膵臓癌になると死亡する割合が高く、質の悪いガンと言えます。女性の場合は、乳癌が質の良いガンと言えそうですが、若年者では数は少ないものの、死亡率は極めて高く、質の悪いガンと言えます。
現在厚生労働省は、死亡者数の多い、かつ早期発見で助かる見込みの高いガンについて、検診を積極的に勧めています。男性は、胃癌、大腸癌、肺癌検診の3つ、女性では胃癌、大腸癌、肺癌、乳癌、子宮癌の5つのガン検診がありますが、いずれの健診も受診率が3~4割程度に留まっています。特に大阪府は全国に比べて、ガン検診の受診率は低く、胃癌、大腸癌、肺癌検診の受診率は全国最下位、乳癌、子宮癌検診の受診率は全国で下から2番目になっています。

堺市では昨年秋より胃ガン検診、肺ガン検診は開業医や診療所でも個別に受けられるようになりました(胃ガン検診は50歳以上の偶数年齢時、肺ガン検診は40歳以上毎年)。胃ガン検診では従来の胃透視に加え、胃カメラも受けられるようになりました。また40歳から49歳の人は、胃癌の危険度健診として、従来当院でも行っているABC検診が受けられるようになりました(1回のみ)。大腸ガン検診は40歳以上なら、いつでも受診出来きます。乳ガン検診は40歳以上、子宮ガン検診は20歳以上の人なら、2年に1回の偶数年齢時に、指定の医療機関で受けられます。堺北診療所では、肺ガン検診、ABC検診、大腸ガン検診が受けられます。ガンは早期発見すれば、助かる見込みの高い病気です。是非、ガン検診を受けましょう。

Copyright© 2017 堺医療生活協同組合 All Rights Reserved.Produced by ©UmedaPrinting.