膀胱ガンの話し

2015-03-05

 膀胱ガンは一年間で、一万人に一人の割合で発症する比較的珍しいガンです。60歳以上の男性に多く、女性の約4倍発症します。喫煙者や、特殊な化学薬品を扱う仕事に従事した人に多く発症します。若年者より高齢者の方が悪性度が高いと言われています。
 膀胱ガンは自覚症に乏しく、多くは尿が赤いのに気付いて発見されます。7割は表在性で、内視鏡で切除出来ますが、再発率が高いのが特徴です。ガンが膀胱壁の深部まで及ぶと、膀胱を切除しなければなりません。膀胱を全部摘出すると、腎臓で出来た尿は膀胱に溜めることが出来ないので、尿の出口を下腹部に増設する必要があります。そして下腹部に作られた尿の出口には、尿を溜める袋を付けることになります。こうなると日常生活では、相当な不便を強いられることになります。
 健康診断の尿検査では、肉眼では見えないわずかな血尿を検出することが出来ます。血尿の頻度は男性より女性の方が多く、沖縄県で行った住民調査では男性の3.5%、女性の12.3%に血尿が見られました。当院では高血圧や糖尿病などの慢性疾患をもった患者さんには、毎月尿検査を行っていますが、昨年のある1ヶ月間に行った尿検査を集計してみると、男性で39%、女性で67%と住民調査の結果に比べ、高率に血尿が見られました。但しこれらは、肉眼的血尿ではなく、尿潜血と言って試験紙を使ってわかる程度の微量な血尿です。
 血尿から疑う病気としては腎炎、尿路感染、尿路結石、尿路系ガンなどがあります。膀胱ガンの場合、肉眼的血尿で発見されると、進行ガンの場合が多いので、早期発見が重要となってきます。当院では過去9年間で9人に膀胱ガンが見つかっていますが、このうち肉眼的血尿などの自覚症で見つかったのが5人、尿潜血で見つかったのは4人でした。自覚症で見つかった5人のうち2人は進行ガンでしたが、尿潜血で見つかった人はいずれも早期ガンでした。
 尿検査は苦痛もなく、簡単に行える検査ですが、発見される病気は多く、特に尿路系の悪性腫瘍の早期発見には有用です。尿潜血が急に出現してきたときは、尿の細胞を検査してガン細胞がないかどうかを調べたほうが良いでしょう。エコー検査も有用です。当院では悪性腫瘍が疑われるときは泌尿器科に紹介しています。健診で尿潜血が見られたときは、一度これらの検査を受けましょう。
 

Copyright© 2015 堺医療生活協同組合 All Rights Reserved.Produced by ©UmedaPrinting.